>

未だに行われている危険な施術

頚椎スラスト術を皆さんはご存知ですか?
今現在も行われている所もあると言われている施術です。
施術方法は首の痛みを和らげるために、首をグイッと急旋回させる方法で、昔は効果が絶大だと、よくやっていた施術です。

しかし、30年ほど前に、危険な施術として、厚生労働省が禁止通達をしています。
しかし、はっきりとした罰則規定がないため、未だに行われている整骨院が存在しています。
確かに効果はかなり良く、とても患者は楽になるとは言われていますが、現実的にこの施術で、死者が出ているのも事実です。
寝たきり状態になった患者が整骨院を相手に裁判を起こした例もあります。
それほど、首は脳とつながっている事もあり、繊細に扱わなければいけません。

勘違いしやすい、痛みの対処方法

よく、体に痛みを生じたときに、冷やすべきか、温めるべきなのか迷いませんか?
筋肉痛などの場合は、お風呂に入って心身共に温め、リラックスしたほうが、痛みの改善につながりますが、体の痛み全てに温めが効果的かと言ったら違います。

痛みの原因が筋肉の炎症だった場合、温めてしまうと炎症を余計悪化させてしまう恐れがあります。
肩の痛みや、特に首の痛みは痛みがなかなか取れない場合は、病院へ行くことをお勧めします。
詳しい検査と正しい診断を受けてから、お医者さんと、相談のうえで、今後の治療方針を考えるのがベストでしょう。

無理にひねってみたり、無理やりのストレッチをしたり、圧をかけることは、大変危険ですので、良くない事は頭に入れておきましょう。


知っておくべき危険な対処方法

この記事をシェアする